今はクレートで落ち着いているけど・・・(ゴールデンレトリーバーのスマイルくんの場合

スマイルinクレート

皆さん、こんにちは!

埼玉県越谷市犬の幼稚園しつけ教室

エメドッグトレーニングスクール スタッフの小川です。

 

犬の幼稚園で写真を撮っていたら、昔のことを思い出したので、

それをブログに書きたいと思います。

 

↑の写真のスマイル君。

今でこそ、クレートにスムーズに入り、

多くのママさんから、「良い子ねぇ~♪」と褒めてもらえますが、

以前は、クレートに入ることが出来ず、

クレートに入れようとさせると逃げたり、おしっこを漏らしてしまったりしていました。

 

そんなスマイル君でも、

クレートに入って、ご飯を食べたり、ゆっくり寝たり出来ます。

 

では、どうやってクレートに入れるようになったのか?

それはそれは、長いお話になります。

 

ですので簡単に言うと、

『入れるようにスマイル君のペースに合わせてトレーニングした』

ということになります。

ここから先は、ご興味がある方のみ、ご覧ください♪

 

①クレートのねじなどを外し、クレートに下半分だけにする。

②下半分のクレートに乗るように、誘導し、乗ったら褒める。

③下半分のクレートに上半分のクレートを、少しだけ重ねる。

④その状態で、下半分のクレートに乗ったら、褒める。

⑤さらにクレートの上半分を重ねて、下半分のクレートに乗ったら、褒める。

⑥上半分を完全に重ねクレートにし、クレートの中をのぞき込んだら、褒める。

⑦クレートの中に、前足を入れたら、褒める。

⑧クレートに頭を入れたら、褒める。

⑨上半身をクレートに入れたら、褒める。

⑩上半身を伸ばして、クレートの奥まで首を伸ばせたら、褒める。

⑪後ろ足を一本でも入れたら、褒める。

⑫後ろ足を完全に入れたら、褒める。

⑬体を完全に入れたら、1秒待ち、入っていられたら褒める。

⑭2秒、3秒と中に入っていられる時間を、徐々に延ばしていく。

⑮中に入ることに抵抗なく、スムーズにできるようになったら、出たり入ったりを繰り返す。

 

実はここまで、スムーズにトレーニング出来ました。

しかし、この後大事件が起こってしまったのです!

 

長くなってきたので、続きは次回をお楽しみに♪

 

どんな大事件が起こったのか?

皆さんも、予想してみて下さいね☆

 

以上、たまには、もったいぶりたい小川でした!

Comment

  1. ぴぐもんママ より:

    いつもお世話になっておりますm(__)m
    ブログの更新を楽しみにしています。
    とても参考になります。

    うちの子が物覚えが悪いのか、私に根気がないのか(たぶん両方)
    自宅でのちょっとしたトレーニングに苦戦していましたが、
    幼稚園に通うようになり、お互いにコミュニケーション能力が
    高まったと感じます。

    幼稚園は楽しい所♪もっと早く知っていたらパピーの頃から
    通わせたかったですね。

    • hukunaga より:

      コメントありがとうございます^^
      こちらこそお世話になっております
      トレーニングは初めは根気が入りますが
      トレーニングのルールをわんこがわかり始めると
      お互いとても楽しいコミュニケーションになります☆

      楽しいコミュニケーションを味わって頂けているようで嬉しいです♡
      パピーちゃんのうちから通って頂くメリットはたくさんありますが
      ぴぐもんはとてもお利口で遊び上手なのでパピーに負けずいっぱい吸収しています
      今後とも宜しくお願い致します

ぴぐもんママ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です